アフィリエイトで副業物販アフィリで稼ぐ

アフィリエイトで副業!物販アフィリで稼ぐ方法講座!

アフィリエイトのジャンルの一つである物販アフィリ。管理人が今まで実践してきた結果を元にお役立ち情報をご紹介します。

取り組んでおくべき報酬が高めのアフィリエイトジャンル。その理由とは??



物販アフィリエイトは、
無限と言っていいほどの商品があり、

言ってしまえばアフィリエイトをできるものであれば、

何を売っても良いわけです。

 

 

 

とはいえ、記事を作成する際には、

やはり説得力のある記事を書くため、

商品に対しての知識は必要になりますし、

訪問者のためになる記事を作っていく必要があります。

 

 

そのように考えると、
自ずと自分の取り組むジャンルは絞られてきます。

 

 

あまりジャンルを広げすぎるとその分手間が増えていきますし、

次のサイトを作っていく上で参考にできなくなりますので、

最初はジャンルを絞って取り組んでいくと良いでしょう。

 

 

育毛剤、家電、衣類、金融とか、どれもバラバラに取り組んでいては、

なかなか記事の質も上達しにくくなってしまうため、

最初は自分の得意なジャンル、維持が書きやすいジャンルを

徹底的にアフィリエイトしていくのがよいでしょう。

 

 

その分作業効率も良くなりますので。

 

 

さて、今回お伝えしておきたいのが、報酬単価の部分です。

 

 

どこでも言われていることなのですが、報酬単価が高いジャンルは、

多くのアフィリエイターが参入しているということもあり、

いきなり取り組まないほうが良い。

 

 

このような記事をチラホラ見かけます。

 

 

実際に物販アフィリのジャンルで、

人気ジャンルなんかの紹介記事もよく見かけますね。

 

 

確かにそれはそれでアリだと思うのですが、

私はサブとしてそのジャンルに取り組んでみるのも、

十分に有効だと思います。

 

 

というのも、参入する人が多い人気ジャンルだからと言って、

自分が稼げる可能性がまったくないのか?

と言われればそんなことはありません。

 

 

確かに稼ぐまでに時間がかかるのは事実ですが、

だからといって高単価のものに全く取り組まないのは、

それはそれでもったいないです。

 

 

例えば、人気のジャンルの一つに
金融や保険の見積もりなんかがありますね。

 

 

これらは報酬額が非常に高く、
10,000円程度になるものも珍しくありません。

 

 

例えばあなた自身が
報酬単価1,000円のジャンルに取り組んでいるとします。

 

 

これらの報酬単価を比較した場合、

単純に10倍の差があります。

 

 

小学生の算数レベルなのですが、敢えて説明すると、

10,000円の報酬単価のものは、
月に10,000円稼ぐのに1件成約すればいいのですが、

1,000円のジャンルの場合、
単純に10件成約する必要があるわけです。

 

 

まあ単純に10倍の成約が必要ということですね。

 

 

ここで重要になってくるのが、
報酬単価が10倍違うからと言って、

そのサイトを上位表示させてくるのに
10倍の労力が必要か?ということです。

 

 

もちろんそんなことはありませんよね?

 

 

繰り返しになりますが、
アフィリエイターの人気がある高単価のジャンルであれば、

その分サイトのレベルが高いということでもあり、

それ相応の作業量が必要になってきます。

 

 

ですが報酬単価の倍数レベルの作業量が必要か?
と言われれば、決してそんなことはないです。

 

 

もちろん高単価のジャンルだけに的を絞っていれば、

目に見えて報酬が上がってくるのはだいぶ先になる可能性が高いので、

それだけをメインに考えるのはおすすめしません。

 

 

ですが、だからといって全く取り組まないというのも、

もったいない話だと思いませんか?

 

 

言うまでもなく物販アフィリエイトというのは、

キーワード選定が大きなウェイトを占めています。

 

 

ですので、参入しにくいように

あらゆるキーワードでサイトが作られていることも事実です。

 

 

ですが、自分で戦える土俵が全く無いか?と言われれば、

全くそんなことはありません。

 

 

ライバルサイトが強いキーワードが多いと思いますが、

そういった場合でも、細かいロングテールのキーワードを狙うことで、

意外と成約が取れたりもします。

 

 

少なくとも私は高単価ジャンルのものは、
やっておいて損はないと思っています。

 

 

というか、すでにそれで結果を出してきましたし。

 

 

3~4ヶ月ぐらいは売れないという覚悟で構わないので、

高単価ジャンルのものを長期的に記事更新したり、

キーワードを練ってみるとか。

 

 

そんなレベルで取り組んでも構わないと思います。

 

 

それ相応の作業量も必要になりますし、
売れる保証が確実だとは言えませんが、

少なくとも入り込む余地は十分にあると思います。

 

 

長い目で物販アフィリを行うのであれば、

高単価ジャンルも戦略の一つとして取り組んでみるのが良いでしょう。

 

 

 

 



高単価ジャンルでのんびり作成するならこんなサイト

 

では、実際に作るのはどのようなサイトになるのか?

 

 

おすすめするのはランキング系のサイトです。

 

 

これは私の経験則ですが、
長期的にサイトを育てていく場合って、

コンテンツを増やす作業を行っていた場合、

その中の商品が販売中止、取扱中止になることもあります。

 

 

もちろん物販アフィリを行っている以上、

商品は流動的であり、
こればかりは仕方がないとしか言えません。

 

 

そんなときに1つの商品だけに的を絞って紹介していたら?

 

 

積み上げたコンテンツがすべてパーになってしまいます。

 

 

ですので、長期的にサイトを育てていくのであれば、

商品の入れ替えを行うことができる
ランキング系のサイトが良いでしょう。

 

 

もちろん1つの商品を紹介するサイトと違って、

作成までには相応の時間と手間がかかります。

 

 

ですが、商品が販売終了になって
そのサイトが活かせないということはなくなりますし、

長期運用をすることが出来ます。

 

 

人気で需要があるジャンルを作成するのであれば、

作成までの時間がかかる以上、
複数の商品を扱うサイトの方が向いています。

 

 

実際に私も結構ランキングライトは作成していますが、

全く使い道がなくなってしまった・・・

というものはありません。

 

 

もちろんひとつもです。

 

 

逆に1つの商品だけに特化したサイトで、
その主賓の販売が終了し、

さらに楽天などでも取り扱いがされていないとなれば。

 

 

サテライトサイトぐらいしか使い道が無くなるわけです。

 

 

少なくともそのサイトから商品が売れる可能性は0になります。

 

 

長期的にサイトを作成しておきながらこの状況はきついですよね?

 

 

ですので、私であれば長期運用を視野に入れて、

時間がかかったとしても
複数の商品を取り扱う比較サイトを作ると思います。

 

 

また、これは訪問者目線で見ても同じことが言えます。

 

 

例えばですが、あなたがどんな商品でもいいので、

ピンポイントで買うものが定まっていない場合、

以下の点を調べたりしませんか?

 

 

  • 同じような商品で安いものはないか?
  • 中身が優れている商品は一体どれか?
  • 安く購入できるところはどこか?

 

 

いかがでしょうか?

 

 

こういった点を調べ上げた上で購入しますよね?

 

 

これは日本人特有の思考なのだそうですが、

比較やランキングが好きという特徴があるようです。

 

 

まあぶっちゃけ私もそうなのですが。

 

 

ということで、比較系サイトの長期的な作成

という結論が最もベストかなと。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
当サイト管理人
m4052-2146-8060128 初めまして。

管理人の麦わらアフィリエイターマサです。

物販アフィリを中心に稼いでいます。


詳しいプロフィールはこちら
お問合わせはこちらからどうそ。
ブログランキング参加!

あなたのクリックが力になります^^
↓↓↓

カテゴリー
メタ情報
最近の投稿