アフィリエイトで副業物販アフィリで稼ぐ

アフィリエイトで副業!物販アフィリで稼ぐ方法講座!

アフィリエイトのジャンルの一つである物販アフィリ。管理人が今まで実践してきた結果を元にお役立ち情報をご紹介します。

中身の薄いサイトは排除される?



一昔前、アフィリエイターで流行っていた手法。

 

それはペラサイトの生産です。

 

 

※ペラサイトとは、2~3記事のみでブログやホームページを作り、

中身も対して練られていないサイトのことを指します。

 

 

今更言うまでもありませんが、外部から被リンク数を稼ぐため、

この手法を行っていた人は多いでしょう。

 

 

私自身も実際に使用し、

一定の成果を出したことが有ります。

 

 

これが有効だったとされるのは、

2009年頃まででしょうか?

 

 

私自身はその頃、お恥ずかしい話ですが、

一度アフィリエイトを止めてしまっていた時期ですので、

確実には分かりませんが、概ねそのぐらいだったと思います。

 

 

それで、この手法。

 

今でも有効か?

 

 

答えは「NO」です。

 

 

 



スパム認定がされやすい時代

 

ペンギンアップデート、パンダアップデートを始め、

googleでは価値が低いとされているサイトを排除する傾向にあります。

 

 

これらのアップデートで稼いでくれていた自分のサイトが

いきなり圏外へ飛ばされてしまった・・・。

 

 

あなたもそんな経験をしたのではないでしょうか?

 

 

私自身ももちろん経験があります。

 

 

そういった圏外に飛ばされたサイトで決まって共通している点。

 

 

それは、

 

中身が薄いと自分でも分かるようなサイト

 

です。

 

 

これはペラサイトに限った話ではありません。

 

 

記事数が20~30件有るようなサイトであっても、

明らかに記事の水増しをしているようなものは、

このアップデートで排除されてしまいました。

 

 

例えば、サイト内でテーマが共通しているとか、

記事をコピーして少し直して使っているものの

伝えたいことは全く一緒だとかです。

 

 

結局、これらってボリュームを見せかけて作っていたので、

作っている自分でも分かると思います。

 

 

繰り返しますが、ただ記事を水増ししただけです。

 

 

最近のgoogleは非常に賢くなってきており、

そんな小細工が通用しない時代になってきました。

 

 

やはり訪問者が読んでいて楽しいと思える記事。

 

 

そしてためになる記事。

 

 

コンテンツが重要だと再三伝えてきているのはここです。

 

 

我々のようなアフィリエイターは

検索エンジンから好かれるようにしなければ話になりません。

 

 

特にあなたがサイトアフィリエイターならなおさらです。

 

 

しかし、ここで小細工と言っても、

 

細工をすること自体をgoogleは否定していない

 

ということです。

 

 

ここは勘違いしないほうが良いです。

 

 

例えば、評価の高いサイト同士をリンクでつなぎ、

検索エンジンの上位表示を目指す。

 

 

これはもちろんgoogleも否定していませんしむしろ推奨しています。

 

 

大切なのは、

 

被リンクを受けるサイト、発するサイトの共に中身が有るサイトなのか?

 

ってことです。

 

 

ここで最初の話に戻りますが、

一時期流行っていたペラサイト。

 

 

実際に作っていたので分かりますが、

本当に作るの簡単です。

 

 

場合によっては1日に10とか20とか平気で作れます。

 

 

※私の場合は3時間もあればこの分出来ていました。

 

 

でもですよ?

 

 

これって検索エンジンという観点で見た場合、

好かれるはずがないっていうのは、なんとなくわかりますよね?

 

 

特に、ブログサービスの分散すらしていないようなペラサイトなら

なおさら検索エンジンに嫌われますよね?

 

 

例えば、seeseaブログや忍者ブログ、

あるいはみぶろぐなんかですね。

 

 

あなたもご存知のように、これらのブログサービス。

 

 

一つのアカウントで複数のブログが作れてしまいます。

 

 

ブログサービスって、一つのアカウントごとにメールアドレスを一つ使用するため、

こういった複数作れるブログサービスは活用されやすい傾向にありました。

 

 

これらのブログサービスすら分散していないのであれば、

やはりスパム認定を受けやすくなってしまいます。

 

 

であれば、中身がある程度寝られているサイト、

そして被リンクの高いサイトを作っていくにはどうすればよいか?

 

 

もちろん先程まで記載していた方法とは逆のアプローチをしていくということです。

 

 

例えば、

 

記事数が少ない    ⇨ もちろん記事数を増やす

中身のないサイト   ⇨ 検索エンジンで得た情報に自分の感想を混ぜて記事を作成していく

ブログサービスが同じ ⇨ 多数あるブログサービスを活用し、分散する

 

こういった方法です。

 

 

一見しんどい作業のように感じますね。

 

 

ですが、自分のサイトが多数排除されてきた経験を元に話せば、

 

「これが最もリスクが少なく、最も近道である」

 

ということです。

 

 

多分1ヶ月~2ヶ月もあれば、被リンク用に作ったサイトであっても、

それなりのSEO効果も出せるんじゃないでしょうか?

 

 

また、被リンク用のサイトもキーワードが練られていれば、

そのサイト自体からも制約を取ることだって出来ます。

 

 

 

小型サイトの戦略はもちろん有効

 

また、こちらの記事でも紹介していますが、

私自身、パワーサイトだけのリンクと、

パワーサイト+ペラサイトよりはコンテンツを練った小型サイトで、

被リンクの実験をしてみたんですね。

 

 

もちろんどっちが検索エンジン上で評価が上か?

という試験をしてみたかったからです。

 

 

で、その結果は、後者の方が明らかに効果が違いました。

 

 

ですので、一概に小型サイトのリンクが

スパムを受けるとは言い切れません。

 

 

でも、はっきり言えるのは、

 

 

コンテンツボリューム、訪問者のためになると

googleから評価を受けたサイトの被リンクはやはり必須

 

ということになります。

 

 

もしあなたが被リンクをどのようにかけていくか?

 

 

という点で悩んでいるのであれば、

パワーサイトと小型サイトの両方を併用するというイメージを持っておくと良いでしょう。

 

 

 

物販アフィリエイトで副業!



 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
当サイト管理人
m4052-2146-8060128 初めまして。

管理人の麦わらアフィリエイターマサです。

物販アフィリを中心に稼いでいます。


詳しいプロフィールはこちら
お問合わせはこちらからどうそ。
ブログランキング参加!

あなたのクリックが力になります^^
↓↓↓

カテゴリー
メタ情報
最近の投稿