アフィリエイトで副業物販アフィリで稼ぐ

アフィリエイトで副業!物販アフィリで稼ぐ方法講座!

アフィリエイトのジャンルの一つである物販アフィリ。管理人が今まで実践してきた結果を元にお役立ち情報をご紹介します。

ネットビジネスは常に流動的であり、進化し続けているということ



あなたが物販アフィリエイトを現在行っているのであれば、

ペンギンアップデート、パンダアップデートなどのgoogleが行っている

サイトのチェックについてはご存知だと思います。

 

 

 

私自身も幾つかのサイトの影響はありましたが、

メインサイトはそこまで影響を受けていなかったため、

あまり気に留めていませんでした。

 

 

ですが、インターネット上の情報を見る限りでは、

圏外に飛ばされてしまった方も多数いたようですので、

やはり大規模な検索条件の変動があったということでしょう。

 

 

さて、これらのアップデートが行われたのはほんの数年前からですが、

インターネットサイト、ブログが急激に普及してきたことにより、

それ以降は頻繁にアップデートが繰り返されています。

 

 

つまり、ここ数年で今まで行うことができた戦略が

あまり効果を得ることができなくなったということも十分にありえます。

 

 

これは物販アフィリエイトに限らず、アドセンスであっても、

楽天やAmazonなどのアフィリエイトであっても同じことが言えます。

 

 

私の経験上ですが、これほど変化がすぐに訪れるビジネスも珍しいと思います。

 

 

つい何年か前には通用していた戦略がいきなり駄目になる

なんてことは日常茶飯事です。

 

 

端的に言うと、小手先だけのテクニックが通用しなくなってきている

ということでしょうか。

 

 

ですので、これからサイトを作り上げていく場合は、

ますますコンテンツの質、量が重視されてくるのは間違いありません。

 

 

例えば、私が1ヶ月で5万円ほど一時期稼ぐことができていたサイトがあります。

 

 

そのサイトはぶっちゃけ、それほど力を入れたわけではなかったんです。

 

 

記事も1日2件ずつ更新とかそんなレベルであり、

本当にガッツリ記事を書いている人からすればそんなレベルか!

ってお叱り受けそうなぐらいです。

 

 

でも、この記事更新を大体1ヶ月ちょっと続け、

記事数が60件程度になってきたころでしょうか。

 

 

その時はいきなりアクセスが来る・・・なんてことはありませんでした。

 

 

まあそんなにうまいこと行くわけはないのですが。

 

 

それで、その後は更新頻度を極端に落とし

力の入れ具合を別のサイトに向けることにしました。

 

 

ですが、そこから2ヶ月ほど経ったころ、

当時エイジングフィルターが外れた頃でしょうか。

 

 

急激にアクセスが来るようになりました。

 

 

1ヶ月500PV程度でしょうか。

 

 

そのサイトで売っている商品もそんなに高いものではなかったので、

数千円の報酬のものが月に30個とか平気で売れるようになってきたんです。

 

 

これ、マジで美味しかったです。

 

 

だって、トップページはともかくとして、

そこまで力を入れていないサイトが2~3ヶ月後には

5万円以上稼いでくれていたわけですから。

 

 

ですが、ここからが問題なのですが、

別サイトを多数作っている段階だったので、

記事更新を中断し、放置していたところ、

トータル的に見て9ヶ月ほどで一気にアクセスが落ちてきました。

 

 

1ヶ月で50PVにまで落ち込み、

最終的に今では1日に1アクセスくるかこないかです。

 

 

ここまで賞味期限が短いサイトもまた珍しかったですね。

 

 

それで、これでは駄目だと思い、アクセスを呼び込めるように

サイトの強化を行っていたのですがまあ回復してくれませんでしたね。

 

 

スパム認定を受けるような作りもしてなかったと思いますし、

発リンクや被リンクとかもそこまでおかしくなかったと思います。

 

 

ブログランキングにも登録していなかったのでしてみたり、

被リンクを増やしてみたりとさまざまな対策を行いました。

 

 

こちらの記事にも書いていますが、

SEO業者の解析結果を見てそれを埋めるようにしてみたり。

 

 

でも駄目でした。

 

 

当時流行りの商品でもあったので、

いきなり多数のサイトが作られてきたということも原因かもしれませんね。

 

 

結局諦めるしかありませんでした。

 

 

ちなみにこのサイトです。

 

 

で、まあ潔く諦めるのが私の取り柄??なのですが、

そのサイトからは一旦離れ、今度はまた違った商品で

同じようなコンセプトでサイトを作ったんです。

 

 

テンプレートはLUREAに付属しているリファインなどを使ってましたので、

デザインは似通っていますが、サイトの商品は全く違うので、

まあ心機一転ということで。

 

 

これで5サイトぐらい作って、また同じように1ヶ月ちょっと記事を更新して、

ボリュームとか色々と同じように考えて作ってみたんです。

 

 

で、その結果どうなったか。

 

 

以前のように売れてくるかと思いきや、

今度は作ったサイトが全部アクセスがほぼない状態でした。

 

 

エイジングフィルタの影響なのか、あるいはそれ以外の影響なのか。

 

 

これは正直なところ今でもわかりません。

 

 

ただ唯一言えること。

 

 

それは1ヶ月ほど記事を更新し続け、その後は放置。

 

 

この以前行ったスタイルが

今は通用しなくなった可能性が高いということです。

 

 

記事ボリュームもまあ60件程度でしたので、多いとは言えません。

 

 

まあ5サイト程度ですし、1ヶ月程度の作業ですので、

そこまで大ダメージということではありませんでしたが。

 

 



ネットビジネスは流動的であり、常に進化し続けているということ

 

 

ここで最初の話に戻るのですが、

googleのアップデートが何度も行われていること。

 

 

これはもちろん「訪問者に有益なサイトを上位表示する」と

という方針によるものです。

 

 

逆に言えば、有益と判断されないものを極力排除する

というのが目的と言われています。

 

 

そして、ネットビジネスも同様に進化し続けていく必要があり、

小手先のテクニックは通用しにくい時代になってきた

と言えるのではないでしょうか。

 

 

これは私の先程の例を見てみれば何となく分かるかもしれませんが、

ぶっちゃけ小手先のテクニックのようなものですよね?

 

 

記事ボリュームをそれなりに増やして後は放置。

 

 

ただそれだけですから。

 

 

そして独自ドメインのエイジングフィルターが外れるまでの期間も

以前と比べて長くなってきたような気がします。

 

 

これは格安の独自ドメインが増えてきたことにも関連しますが、

やはり供給が増えてくれば1個あたりの単価が下がるのと一緒で、

そこまで独自ドメインが強いという時代でもなくなってきたということでしょう。

 

 

ネットビジネスは流動的とはよく言いますが、

これは私自身も身を持って体験しています。

 

 

一昔前には通用していたものが、

今後も通用するということは言えなくなってきているということです。

 

 

まあ厳しい時代になってきましたね(笑)

 

 

でも、だからといって悲観することはありません。

 

 

答えは意外と簡単

 

であれば答えは意外と簡単だったりします。

 

 

端的に言えば、

googleが好むようにサイトを作り上げれば良いこと。

 

 

ということです。

 

 

それが難しいと言われればそれまでですが、

シンプルに考えれば自ずと答えは出てくるのではないでしょうか?

 

 

記事更新をこまめに、大型のサイトで、情報提供を行い、

日々進化し続けるサイト。

 

 

こんなサイトが好まれやすくなってくるということです。

 

 

今、文字だけで表現してみましたがいかがでしょうか?

 

 

サイトを作り続け、いくつもライバルサイトを見てくれば、

なんとなくイメージができるのではないでしょうか?

 

 

長期間に渡り上位表示をしてくれているサイトって、

結局のところは大型のサイトであり、

訪問者に有益な情報を多数提供しているサイト。

 

 

もしあなたがライバルサイトをチェックしているのであれば、

こういった場面に多数出くわしているのではないでしょうか?

 

 

少なくとも私はそのように思います。

 

 

並行して行うことのメリット

 

 

とは言え、もちろん大型サイトだけを作ればいいというわけではなく、

そうではない例外もあります。

 

 

それは商品名のサイトです。

 

 

これだけは未だに大型サイトといえど、

流石に負けることはないイメージがあります。

 

 

私も商品名でサイトを作っていましたが、

実際に大型のサイトよりも上位表示できています。

 

 

まあその商品名のキーワードでSEOを仕掛けていますし、

当たり前といえば当たり前なんですが。

 

 

ただこれの残念なところは、その商品の取扱がASPで終了してしまえば、

そのサイトは完全終了になるという点です。

 

 

つまり、賞味期限が短いということになります。

 

 

私もせっかく1位を取ったのに販売終了なんて経験を多数してきました。

 

 

もちろんある程度瞬発的に稼いでくれることは間違いないので、

大型サイトと並行しつつ、

商品名で勝てそうな部分はサイトを作るようにしています。

 

 

まあ収益は安定しにくいんですが、美味しいですし。

 

 

とまあ、結局のところ、私自身が行っている戦略をお話すると、

 

1.大型系の情報専門サイトを日々作り続けていく

2.取り扱う商品の中で、明らかに勝負を仕掛けても良さそうだったら、

商品名+○○といったサイトを、サブドメイン、独自ドメインの再利用と言った形で、

エイジングフィルタが外れているドメインを使ってサイトを作成

 

 

といった形で今は作業をしています。

 

 

オールドドメインに関しては、ぶっちゃけそんなに利用したことはありません。

 

 

ギャンブル性が高いので。

 

 

今のところはこのような戦略で作業をしていますが、

それなりに良い結果が出せているため、参考にしてみてください。

 

 



 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
当サイト管理人
m4052-2146-8060128 初めまして。

管理人の麦わらアフィリエイターマサです。

物販アフィリを中心に稼いでいます。


詳しいプロフィールはこちら
お問合わせはこちらからどうそ。
ブログランキング参加!

あなたのクリックが力になります^^
↓↓↓

カテゴリー
メタ情報
最近の投稿